投稿日:2017.09.26

ひのきパレット、例えばこんな使い方 その2

201709_2_pallet4

キシルのパレットモニター2人目は、千葉県にお住まいのDIY大好きママです。パレットがどんな風に変身したのか気になりますね。さっそくご紹介しましょう。

 
 
 
 
 

desk_icon

 

「ディアウォールを使って本格DIY。雑貨棚を作ってみました」
千葉県・柳萬さま

 
 

最近、引っ越しをしたという柳萬ファミリー。「テーブル、本棚などを作ってみたい!」とモニターに応募してくれました。4枚のパレットをどう使ったのでしょうか。

 

柳萬さん:

私が希望したパレットは4枚。ワクワクしながら梱包を開けました。はじめは少し重いかな?とも感じましたが、安定感があるので安心です。板の表面や角の処理がきちんとされているので、扱いやすかったです。DIYにはもってこいの材料ですね。

201709_2_pallet2

キシルのパレットは、机や家具と同じ素材・同じ工程で作っています。角の処理もしっかりとしていますので、一般的なパレットよりも快適に使っていただけるのが魅力です。
さて、まずは2枚を重ねて娘さん専用のお絵かきテーブルに、1枚にキャスターをつけてローテーブルを作りました。

 
 
 

柳萬さん:

ローテーブルはテレビの前に設置してみました。娘はテレビを近くで見てしまうので、“テレビを見るときは、このテーブルの後ろから見ようね”と約束。

201709_2_pallet3

ママの思惑通り、娘さんはテーブルをはさんでテレビを見るようになってくれました。ルールを決めることで、親子共々ストレスなく過ごせるようになったようです。

 
 
 
 

そしてキシログ編集部が「すごい!」と驚いたのが、最後の1枚を使ったこちら。

 
201709_2_pallet

ホームセンターで購入した「2×4材」を柱にして作ったディスプレイ棚です。

 

柳萬さん:

まずは2本の「2×4材」を壁に立てかけ、ディアウォール(※)でしっかりと設置。次に、裏返したパレットをL字金具で固定して、ディスプレイ棚を作りました。木目がきれいなパレットなので、裏返しても問題なし。
実はこれ、「パレット」と聞いてすぐに浮かんだアイデアなんです。思ったとおりの形になって満足です。友達からは「山小屋の出窓風だね」と褒めてもらいました!

ディアウォール…市販の「2×4材」の上下にセットして、つっぱり棒のように設置できるパーツ

 
 

パレットを裏返し、さらに立てて使うというアイデアで、パレットの使い道が広がりました。棚としてはもちろん、背面にポストカードを飾るなど、かわいくアレンジができます。なお、立てて使用する際は安全性に十分注意してください。

 
 
 
 

さて次回は番外編。キシルスタッフが考えたパレット使いをご紹介します。お楽しみに。

 
 
 
201709_pallet_banner