投稿日:2016.03.10

花粉症の一番の原因!どうして杉の木を伐らないの?

杉林イメージ

花粉症の季節が来てしまいましたね・・・。最近では、幼い子どもたちが発症するケースも急増しています。これからしばらく、つらい日々が続きそうです。

この季節の困りもの、スギ花粉。ところで、日本にはどうしてこんなにたくさんの杉の木が生えているのでしょうか。「全部伐(き)ってしまえばいいのに、どうして伐らないの?」と思う方も多いかもしれませんね。

 
 
 
 

杉アイコン
 
日本には、どうして
たくさんの杉があるの?

 
 

杉の木を伐らない理由は、「伐っても使われない」からなのです。

日本中に杉やひのきが植えられたのは、戦後まもない頃。戦渦によって足りなくなってしまった建築材を補おうと、全国各地で植林が行われました。

しかし、木々が育つ50~60年の間に、コンクリートなどの建築材が台頭して木材の需要は減り、また海外からの輸入材が増えたことで日本の杉は使われずに残ってしまったというわけです。

 
 
 
 

杉アイコン
 
花粉を飛ばすのは
樹齢30~60年のスギ

 
 

下のグラフをご覧ください。花粉を飛ばす杉やひのきは、樹齢30年から60年。本来ならば、建築材・家具材として使われるはずの樹齢です。

「使いごろ」の木々たちが伐採されずに森に残されているため、花粉をたくさん飛ばしている、というのが現状。ひょっとしたら、「もっとぼくたちを使ってよ~!」という杉たちからのメッセージかもしれません。

人工林グラフ

出典:林野庁HP

 
 
 
 

杉アイコン
 
もっと木を使おう!
そして
花粉の少ない森づくりを

 
 
花粉の少ない森を、みんなで。

出典:東京都産業労働局

花粉症対策の薬やサプリなど、巷にはたくさんの商品があふれています。ですが、花粉を抑える最も効果的な対策は、杉の木をもっと積極的に使うこと! 伐採して利用することで杉の木が減り、花粉も減っていきます。

そこでキシルは「杉の木を使った魅力的な商品を、もっとたくさんの人に使っていただこう」と考えました。注目したのは、東京都の取り組み「花粉の少ない森づくり運動」です。1500円の寄付で杉を1本伐採し、花粉の少ない杉に植え替えを行うという取り組みです。

 
 
キシルの杉シリーズ

キシルには現在、9種類の「杉を使った商品」があります。売り上げの一部をこの運動に寄付。100本の植え替えを目指しています。2013年9月から開始したこのプロジェクト。たくさんのお客さまにご支持いただき、ただいま94本の寄付が集まっています。第一目標の100本まで、あと6本(2016年2月末現在)です。2016年5月31日、100本分の植え替えが可能となる15万円を寄付いたしました。詳細はこちら

 

・キシルの取り組みはこちら
・東京都「花粉の少ない森づくり運動」

 
 
 
 

杉アイコン
 
キシルがつくる
「杉の家具&雑貨」

 
 

スギ材のよさは、軽いこと。そして調湿作用に優れていること。キシルでは、9種類の杉商品を展開しています。今回はそのうちの3商品をピックアップ。なお、杉の板に花粉は含まれていません。安心してお使いくださいませ。

 
 
 

01

杉の本棚

杉の本棚

高さ182cm、奥行27cmで本がたっぷり入ります。リビングに置いて、家族みんなの本をまとめて収納。杉のすがすがしい香りがお部屋に広がります。追加の棚板もご用意。ハーフサイズもございます。

商品詳細をチェック
杉の本棚 ¥65,600(税込)
杉の本棚ハーフ ¥35,600(税込)

 
 
 
 

02

絵本ラック

絵本ラック

小さなお子さまの絵本棚です。見せて収納するタイプだから、お気に入りの絵本をすぐに取り出せるのがうれしいところ。下段にもたっぷり入ります。

商品詳細をチェック
絵本ラック ¥32,000(税込)

 
 
 
 

03

iPadスタンド(杉)

iPadスタンド

タブレットやスマホを置いて、ネットを楽しんだり料理のレシピを検索したり・・・。スギ材は軽い素材なので、気軽に持ち運べます。

商品詳細をチェック
iPadスタンド(杉) ¥3,200(税込)

 
 
 
 
 

杉アイコン
 
杉について
もっと詳しく知りたい方へ

 
 
日本の木材 杉

杉について分かりやすく書かれた絵本を見つけました。キシルのブログでご紹介しています。ご興味のある方はこちらもぜひ。

 

キシルの絵本棚 「日本の材木 杉」