「ほんものの木」の証

日本の森で、約60年かけて育った木。
元気に成長してきた証として、さまざまな表情が現れます。
ほんものの木ならではの味わいとして、おつき合いください。

節について

節は、もともと枝がついていた跡です。
たくさん節があるということは、元気に育った木のしるし。
長い年月を経て木目にしっかりと溶け込んでいます。
「枯れた枝の節」はポロリと抜ける事があるため、職人がしっかり補修しています。

節の加工

天板にある節は、細木やパテで埋めていき、
目に付きにくい部分の節は樹脂で固定します。
いずれも、天板の表面は平らに仕上げますのでご安心ください。

  • 木埋めイメージ

    木埋め

    天板の目に付く場所にある節は穴に合った木で埋めます。

  • パテ埋めイメージ

    パテ埋め

    節の状態によって、パテで埋める場合がございます。

  • 樹脂加工イメージ

    樹脂

    裏側などの目に付きにくい部分は、樹脂で固定します。

青について

青黒く見える部分が出現することもあります。
これは、木が生長する過程で、水と一緒に吸い上げられた土壌成分の色が残ったもの。
経年変化とともになじみ、目立たなくなります。

  • 青イメージ1
  • 青イメージ2

青味が線状に入るもの、うっすらとグラデーションのように見えるものなどがあります。

小さな欠けや割れについて

大きな丸太が板になり机として生まれ変わるまでには、実に多くの行程があります。
そのなかでどうしても発生するごく小さな欠けや割れには、パテを作って補修しています。

  • パテ埋めイメージ1
  • パテ埋めイメージ2