私たちが「にほんの木」を使う理由。

荒れた森のイメージ

多くの木々が、森で出番を待っています。

山々に育つひのきは約六〇年前に
人の手によって植えられ、丁寧に育てられてきました。

ところが経済の発展にともなって国産の木を使う量は減っていき、
伐られないまま山に残されることが多くなりました。

もともと「使うため」に植えた木々。大きく美しく育てるには、
草刈りや間伐(木の間引き)などの手入れが必要です。

しかし木が使われなくなるとともに手入れする人も減り、
山はやせて次第に荒れていきました。

手入れの行き届いた森のイメージ

元気な山に戻すため、木を伐り使います。

山を健康な状態に戻すためのたったひとつの方法、
それは「木を伐って使うこと」です。

使うために植えられた木は、
伐って使うことでひとつのサイクルを終えます。

キシルはこのサイクルを守るため
「たくさんの木を使って、将来を担う子どもたちの学習机を作ろう」
と考えました。

日本の山を元気に保つため、
そして子どもたちの心と身体を健やかに育てるため。

私たちが「にほんの木を使う理由」がここにあります。