1. ホーム
  2. お客さまサポート
  3. Q&A(学習机について)

2本脚デスクと4本脚デスクはどちらが丈夫ですか。

強度については同じ程度とお考えください。
どちらも頑丈に作られていますので、 高さ調節やデザインの違いなどでお選びいただければと思います。

机の天板はどのくらいの重さに耐えられますか?

キシルの机は学校用の机のJIS規格をもとに設計されています。
この規格は、学校で長期間、たくさんの子どもたちに使われることを想定しています。
具体的に○○kgという定義はございませんが、ご使用いただく上で十分な強度となっておりますのでご安心ください。

どの机にどのワゴンが収納できますか?

キシルでは商品の横幅で規格を統一しています。

Mサイズの机にはMサイズのワゴン、 WサイズとLサイズの机にはMサイズかLサイズのワゴンを組み合わせるとすっきり収納することができます(4本脚デスクminiも同様です)。

机よりワンサイズ大きいワゴンを使用することもできますが、足元のスペースが狭くなるので少し使いづらくなるかもしれません。
勉強をする時には机の下から出して横に置くなど、各ご家庭で工夫していただくことをおすすめします。

例)2本脚チェアとの組み合わせ


  • デスクMとワゴンM
    椅子の脚と左右のスペースは約16cm。
    机の右の引出しと、ワゴンの横幅がぴったり合います。

  • デスクMとワゴンL
    椅子の脚の左右のスペースは約7cm。
    机を使う時はワゴンを外に出すのがおすすめ。

机と椅子の適正バランスは?

体に合った高さでないと、集中力が続かず、疲れやすくなったりします。
キシルでは、JIS規格などを参考に、机・椅子・身長の関係を調べてみました。
身長に合わせて、机と椅子の調節をしてあげてください。

机といすの適正バランス

※参考文献表示(文部科学省 平成20年度体力・運動能力調査 年齢別体格測定統計数値表)
JIS S1021 学校用家具 教室用机・いす JIS S1061 家庭用学習机 JIS S1062 家庭用学習いす

組み立て式とありますが、組み立ては難しくありませんか?

学習机などの商品で、お客様ご自身での組み立てをお願いしていますが、組み立て式といっても輸送しやすいように脚部をはずしてあるだけの場合がほとんど。比較的簡単に組み立てられます。
もし分からないことがあれば、お電話(053-415-8849)でお手伝い致します。
今までできなかった方は一人もいらっしゃいませんので、ご安心ください。
また、組立動画もございます。

こちらからご確認いただけます。

それでも不安・・・という方には、組み立てサービスもご用意しています。
サービスの詳細についてはこちらをご覧ください。

高さ調整は必要ですか?

4本脚デスクの場合は2段階(70/73cm)、2本脚デスクは8段階(39.55~73cm)に調整ができるので、お子様の身長にあわせて高さ調節していただけます。お子様の足が床に着かない時は、足置や代用になるものをお使いいただくのがオススメです。(ex.丸太スタンド)

お手入れ大変じゃない?

木の家具はお手入れが大変というイメージがあるようです。
それは、気候の違う海外から持ってきた木を無理やり日本で使おうとするからで、乾燥を防ぐ為のワックスやオイルが必要になってきます。
ひのきは日本の木。気候の違いはほとんどありませんし、油分が多いのでオイルの代わりとなり、乾燥を防ぎます。

キシルの家具のお手入れ方法についてはこちらをご参照ください。

使用している木の産地を教えてください。

静岡県もしくは愛知県のひのきや杉を使用しております。

机の引き出し底だけが杉板なのはなぜですか?

ひのきは他の木に比べると油分が多い木です。
密閉された空間だとひのきの油分が出て書類など紙類を汚してしまう場合があります。
杉は、ひのきと比べて油分が少ない為、その心配がありません。
さらに通気性に優れているので、密閉される場所には最適です。

学習机をずっと使い続けるとどうなりますか。

あめ色に変わり、手触りもつるつるになってきます。
キシルの学習机は、製品になった後も呼吸をくり返し、
時間と共に強度を増していきます。汚れやキズさえ味わいとなって思い出深い風合いに変わり、艶を出してその価値を高めていきます。
それはいつしかアンティークという言葉を連想させてくれるでしょう。
育てるように使う楽しみが、この机にはあります。