1.木の一生を学び、木に新たな息吹を吹き込む場所

静岡県立天竜林業高校

「木を植える、伐る、加工する、ものをつくる」。

“木の一生”を体系的に学ぶ天竜林業高校。

学校所有の演習林は33ヘクタールあり、
植林や間伐の実習はお弁当を持って1日かけて行います。

林業がもっと盛んだった時代と違い、
現在は入学して初めて林業に触れる生徒がほとんど。

どの作業も慣れないうちはひと苦労です。

危険を伴う作業も多く、「怖い」と戸惑う生徒も多いですが、
実習をくり返すうちに機械や用具の使い方もさまになっていきます。


※1


※2

広い校内には、製材機から木工加工の機械までがずらりとそろっています。

本格的な機材を見るだけで、
ここが「木のプロを育てる場所」だということがよくわかります。

伐採した木を製材し、机や椅子に加工する一連の作業は
木に新たな命を吹き込みます。

※1《製材機械》
大きな丸太から材木にしていく機械。
大掛かりな作業なので最初は怖がる生徒も多いですが、何度も実習を重ねて慣れていきます。

※2《各種加工機械》
製材した材木を、さらに加工する機械。細かい作業が多くケガの危険も伴います。
常に「安全第一」の自覚を持ち、実習ごとに安全確認を徹底しています。