お手入れ講座

ゆっくりと時間を積みかさね、使う人と一緒に成長していくのが自然素材の素敵なところ。
科学塗料で固めたりしていない分、汚れたり傷ついたりしてしまいますが、手をかけてもらう分だけ永く使えます。
モノを大切にする心は、手を動かしながら育つのかもしれません。

  • 普段のお手入れ

    シンナー等は使用せず、布で水拭き、乾拭きをしてください。

  • へこんだ場合

    水をしみ込ませた布をあてながら低温のアイロンをあてます。木を蒸すような感じで、膨らむ様子を確認しながら行ってください。

  • 仕上げの仕方

    オイルを塗り、半日ほど乾燥させると馴染みます。半年に一回ほどオイルを塗ることで汚れにくくなり、持ちも良くなります。
    詳しくはこちら

汚れてしまったら?

  • 鉛筆等の乾いた汚れは、消しゴムで落とせます。
    詳しくはこちら

  • ソースなどの液体の汚れは、固く絞った布で水拭きします。

  • 汚れ落としのメラミンフォームでもかなりの汚れが落とせます。

  • しみ込んだ汚れは、240番のサンドペーパーで削り落としてください。
    詳しくはこちら